IVFで念願の我が子を抱ける日がやってくる

不妊の方に人気

妊婦

不妊治療のために、妊活マカを常飲される女性は多いです。妊活マカには、女性ホルモンのバランスを整える効果があります。女性ホルモンが正常に分泌されれば、卵子の数、質が良くなるので、妊娠できる確率が高まるのです。

なかなか授からないときは

男女

不妊には男性が原因のものも、女性が原因のものもあります。しかし、不妊治療は女性の方が肉体的に辛いことの方が多いです。不妊治療を考えるときには夫婦でその事を理解したうえで、実際に不妊治療を行うのか相談しなければなりません。お互いが納得していることが大事です。

不妊原因を追究する

夫婦

不妊治療を受けていく前には、必ず原因を追究していくための検査が行われます。夫婦そろって受けていくように勧められ、これで不妊原因が判明できる場合も多いです。不妊治療は不妊原因に合わせた内容で行われるため、これで効率的で効果の高い不妊治療が受けられます。

不妊治療の最終手段

受診の条件

IVFとは体外受精のことで、子宮内から卵子を取り出して体外で受精、培養させた後に再び子宮に戻す不妊治療の1つです。IVFが初めて成功したのは1978年、イギリスでのことで、日本では1983年に初成功を遂げています。従って、それなりに歴史のある不妊治療だと言えます。但し、IVFは誰でも受けられる不妊治療ではなく、条件を満たしていなければ、受けることは認められていないのです。その条件とは、IVF以外の医療行為では妊娠の可能性がない場合です。つまり、タイミング法や人工授精を試しても効果がなかった場合であり、そういった意味ではIVFは不妊治療の最終手段ということになります。但し、精子と卵子のどちらか、あるいは両方に機能障害がある場合は、段階を踏まずとも認められています。

3種類の方法

IVFには、3つの方法があります。1つ目は体外で受精後、2〜3日程度培養して子宮に戻す胚移植です。2つ目は体外で受精後、5〜6日程度培養して胚盤胞まで成長させてから子宮に戻す胚盤胞移植です。3つ目は肺移植と途中までは同様の経緯なのですが、一時的に受精卵を凍結させてしまう凍結胚移植です。IVFの多くは胚移植か胚盤胞移植なのですが、近年は凍結胚移植も増えていると言われています。凍結胚移植のメリットは、受精卵を凍結している間に女性の体を整えることができることです。受精卵を培養させても、肝心の女性の体が妊娠しにくい状態になっていることがあります。従って、ホルモンを補充する等して妊娠しやすい状態にしてから、受精卵を子宮に戻す凍結胚移植は有効なのです。