不妊原因を追究する|IVFで念願の我が子を抱ける日がやってくる

IVFで念願の我が子を抱ける日がやってくる

不妊原因を追究する

夫婦

治療前の基本

本格的な不妊治療を受けていく場合は、最初に夫婦そろって検査を受けていかなければいけません。これは不妊治療を行う病院の方針であり、その検査結果に基づいた不妊治療を行っていくからです。検査の結果から不妊の原因が特定される場合は多く、その原因解消に合わせた不妊治療から進んでいくことになります。具体的な検査内容には、女性であれば卵管造影による正常な通過の確認と、着床に支障のない子宮内膜の厚さも調べられます。また、基礎体温の状態も診ていくので、そこでホルモンバランスの異常がないかどうかも判断されます。男性の場合は、精子の状態が詳しく調べられます。ここで精子の数や運動率がわかるため、不妊に影響するのかしないのかによって不妊治療も大きく変わってきます。このような検査は不妊治療においては基本であるため、前もって検査内容を把握しておくことは大切です。

適した治療のタイミングに

この検査結果は、今後の不妊治療に向けた参考資料として役立ってきます。卵管閉塞や精子の数や運動率に問題がある場合は、体外受精や顕微授精などの高度な技術が必要になってきます。タイミング法や人工授精では妊娠に無理が生じてしまうため、障害の影響をなくしてくれる治療が優先されます。今まで自然妊娠ができなかった原因がこの検査によって判明するので、検査をしなくては前に進めません。もちろん原因が特にない場合も少なくないので、必ず不妊につながる可能性が特定できるわけではありません。人によっては、不妊治療を行う病院を替えていく場合もあります。よりよい効果を求めた動きですが、このときにも前の病院で受けた検査結果が参考になります。新しい病院で再び受けていくこともできますが、最初の段階で治療方針などを詳しく説明してくれるため必要な情報となります。