なかなか授からないときは|IVFで念願の我が子を抱ける日がやってくる

IVFで念願の我が子を抱ける日がやってくる

なかなか授からないときは

男女

なぜ授からないのか

不妊には様々な原因があります。男性が原因のケースもあれば、女性が原因のケースもあります。そして、原因不明のケースもあります。不妊治療も原因に合わせて様々なものがあります。男性が原因の場合、健康で良質の精子がちゃんと作られていないということが考えられます。その原因は、病気や生活習慣など色々と考えられますが、無精子症で無い限りは人工授精などの方法で子供を授かる可能性があります。生活習慣が原因であればそれを改めることで改善する可能性もあります。女性が原因の場合、卵子の排出に問題があれば、排卵剤を用いたりします。自然妊娠が普通のカップルより少し難しい程度の状態であれば、タイミング法などで最初は始めることもあります。

注意すべき点は

男性が原因であれ、女性が原因であれ、精子と卵子があれば血の繋がった子供を持てる可能性があります。しかし、不妊治療というものはかなり肉体的にも精神的にも辛い面があります。そしてそれは、男女平等ではなく女性の方が大変なのです。男性の場合、精液を出すだけのことが多いです。もちろん、男性の場合もかなりきついケースもあります。しかし、女性の場合、自らが健康で何の問題もなかったとしても妊娠するためには肉体的にも辛いことをしなければなりません。不妊治療で人工授精のための卵子を採取したりするのは大変です。ですから不妊治療は夫婦の間できっちりと話し合って、お互いが対等な関係の下で納得ずくでないと後々の禍根となってしまいます。お互いが自分の意思を押し付け合ってはいけません。